探偵事務所への依頼で注意すべき犯罪行為とは?

探偵事務所の調査はプライバシー侵害や犯罪行為にならない?

探偵事務所を利用して不倫や浮気の証拠を集めたい、不倫相手を追求したいと考えている方がよく心配になってしまうことがあります。それは尾行や聞き込みが犯罪になってしまわないのかということです。たしかに、他人を尾行して情報を集めるというのはあまりイメージがいいものではありません。もし自分が素行調査をされていたら…と考えると犯罪では?と感じる方も多いです。

 

最近ではプライバシーや個人情報の保護についての問題がたびたびニュースでも扱われています。探偵事務所の浮気調査はプライバシーを侵害しているかのようにみえてしまうこともあるのは否定できません。しかし探偵業法という法律に定められた範囲内の調査であれば法律を犯している訳ではありませんし、また手に入れた個人情報についても悪用することがなければ違法にはなりませんから安心してくださいね。

 

探偵が行う素行調査では過去の犯罪歴などがわかることがあります。調査を依頼した方が、不倫相手になっている方のそういった情報を会社や友人などに漏らしてしまうとプライバシーの侵害になります。たとえ相手が憎くても自分が犯罪を犯すようなことは絶対にしてはいけません。手に入れた情報や証拠の取り扱いについては探偵の話を聞き注意してくださいね。

 

証拠を収集するための盗聴や相手の住居に侵入し隠しカメラを取り付けるなどは違法になります。こういったことをできますというような探偵は決して契約してはいけません。また探偵業法に届け出を出していない会社や人物が探偵を名乗ること(自称探偵)も禁止されています。探偵事務所を探す場合は信頼のできるプロに依頼するように気をつけてくださいね。

 

⇒探偵事務所の無料相談・見積もり依頼窓口